Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記とその必要性とは?

query_builder 2021/05/08
コラム
1
不動産登記って、聞いたことはあるけれどなんだかよくわからないし難しそう…。
そう思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、登記はあなたの不動産を守る上でとても大切なものなんです。
今回は不動産登記についてわかりやすく解説します。

不動産登記って?
不動産登記はその不動産がどこにあるどんなものなのか、どんな人が所有しているのかを
記録しているものです。その他に、その不動産でだれがどんなことをしたのかも記録しています。
不動産の登記は、まだ登記されていない建物を購入したときや建物を新築したときに行います。

不動産登記をしないとどうなるの?
法律上、不動産登記は義務付けられていません。
しかし不動産登記をしていない場合には大きなデメリットがあるのです。

■所有の証明ができない
不動産登記とは、人間に置き換えると戸籍のようなものです。
登記をすることで、不動産を所有しているという公的な証明になります。
仮に不動産登記をしていなかった場合、建物や土地を好き勝手にされても文句は言えないのです。

■建物の売買や賃貸ができない
仮に建物を手放したいと思っても、不動産の登記をしていないと通常は建物を売却したり、貸したり、処分をすることができません。

■融資が受けられない
不動産登記をしていないと、不動産を担保に銀行融資を受けることができません。

不動産賠償がスムーズに受けられない
地震など不測の自然災害が起こった際に不動産登記をしていないと、不動産賠償がスムーズに受けられないことがあります。

▼まとめ
不動産登記を行わないと、多くのデメリットがあることがお分かりいただけたでしょうか。
しっかり不動産登記を行い、あなたの大切な不動産を守りましょう。

NEW

  • 品川区で不動産売却のことならご相談ください

    query_builder 2021/05/27
  • 土地活用の手段として駐車場経営に人気がある理由とは

    query_builder 2021/06/13
  • 一般的な不動産売却の流れについて

    query_builder 2021/06/09
  • 不動産の売買なら業者への相談がおすすめ

    query_builder 2021/06/01

CATEGORY

ARCHIVE