Blog&column
ブログ・コラム

空き家を放置することによって発生するリスクとは?

query_builder 2021/05/14
コラム
3
相続によって祖父祖母が住んでいた家など、放置したままになっていませんか?
放置してしまうと様々な問題が発生してしまいます。
放置しては行けない理由をいくつかご紹介します。

▼不要な固定資産税
たとえ住んでいなくても固定資産税は毎回納めなければなりません。
すでに持ち家がある方は2倍納めることになります。
空き家自体の資産価値によってはそれほど大きな負担にはなりませんが、無駄な出費はなるべく省きたいですよね。

▼建物が傷んでしまう。
建物を閉め切ったまま放置してしまうと室内に湿気がこもってしまい、カビの発生や木造の腐敗が進んでしまいます。
建物が弱くなってしまい、台風や地震のときに倒壊してしまう可能性が高いです。
定期的に清掃に行きましょう。

▼近隣からのクレームが発生する
様々な物を放置してしまうことによって進む腐敗からの悪臭や害虫や害獣のすみかになってしまいます。
不審者が不法侵入することもあり事件が発生する恐れもあります。
庭に生えている草木が道にはみ出していて通行人の迷惑になることもあるでしょう。
盗られて困るものがなかったとしても思いもよらないことからクレームが発生するのです。

▼まとめ
空き家を放置してしまうことによって様々な問題が発生し、思いもよらない出費につながってしまうケースが多々あります。
今回はよくあるケースの紹介になりましたが、他にもたくさんのリスクがあります。
早めに対策を打つことでリスクヘッジをしましょう。
これからまた住む可能性があるのなら定期的な清掃、可能性がないのなら売却・賃貸として必要としている人に貸すなど様々な方法があります。
自分にあった方法を見つけて、なるべく空き地を放置しないようにしましょう。

NEW

  • 品川区で不動産売却のことならご相談ください

    query_builder 2021/05/27
  • 土地活用の手段として駐車場経営に人気がある理由とは

    query_builder 2021/06/13
  • 一般的な不動産売却の流れについて

    query_builder 2021/06/09
  • 不動産の売買なら業者への相談がおすすめ

    query_builder 2021/06/01

CATEGORY

ARCHIVE