Blog&column
ブログ・コラム

不動産に対する相続税が発生しないケースについて

query_builder 2021/05/26
コラム
7
不動産相続したら、必ず相続税が発生するのだろうか?」
相続税が掛からないケースはあるのだろうか?」と気になっている方もいらっしゃいますよね。
実は、不動産相続しても、相続税が発生しないケースがあります。
どんな時に相続税が掛からないのかを紹介しますので、参考にしてみてください。

不動産に対する相続税が発生しないケースとは
不動産に対する相続税が発生しないのは「課税価格の合計額が課税価格を下回る場合」です。
そこで、相続税が発生するかを知るには、まず「課税価格の合計額」と「法定相続人の数」を知る必要があります。

・基礎控除額=3000万円+(600万円×法定相続人の数)

法定相続人が5人なら、「3000万+(600万円×5)=6000万円」が基礎控除額となります。
このケースでは課税価格の合計額が6000万円を下回るなら、相続税が発生しません。

課税価格の合計額が基礎控除以上になった場合には、相続税を納めなくてはなりません。
税率や各相続人の相続金額を知るためには、さらに計算が必要になります。

▼まとめ
相続に限らず税金の計算は複雑なものであるため、考えるのが面倒だと感じる方も多いでしょう。
そこで、正確な金額を把握したいなら、まずは専門家に相談することをおすすめします。
相続や引っ越しなどによって土地の売却を考えているなら、品川区の「有限会社 豊商事不動産」までご相談ください。
「なるべく早く土地や家を売りたい」など、不動産についてのご相談は無料で承っております。

NEW

  • 品川区で不動産売却のことならご相談ください

    query_builder 2021/05/27
  • 宅建業免許証を所持している不動産会社を選ぶべき理由とは

    query_builder 2021/07/22
  • 不動産購入の一般的な流れについて

    query_builder 2021/07/15
  • 一般的な不動産売却査定の流れについて

    query_builder 2021/07/08
  • 不動産の早期売却を成功させるために大切なポイント

    query_builder 2021/07/01

CATEGORY

ARCHIVE